動き出そうと決めたものの、難しく感じたり、できないように思えたり、ハードルが高いように思えたり…
そんな時は、この動画での説明を思い出して、行き詰まり状態から抜け出しましょう!

ということで…(*^-^*)

 

 

私たちのモノの見方は、偏っていることが多いです。
これは特別なことじゃなく、至極あたりまえにそうなんです。

だけどね、

モノの見方の偏りをなくそうとすれば、それは可能です。
いろんな視点で、物事を見られるようになりたいと望めば、それも可能です。

 

見ようとしないと、見えない
知らないと、見えない

逆に

見ようとすれば、見える
知っていれば、見える

からです。

下記の図は「ミュラー・りやー錯視」です。
多くの人が見たことのある図でしょう。

真ん中の横線。
上の図と、下の図、どちらが長いと思いますか?

ミュラー・リヤー錯視
出典 錯視のカタログ

これは、どちらでもなく
両方同じ長さです。

周りにある三角によって、長さを見間違えています。

私たちの生活の中にも、そのようなことは多く起こっています。
周りの環境、見た目、素振り、行動、言葉…etc などによって、
真実が見えなくなっています。

では、次。

下図の絵に何が見えますか?

出典 ~新しい扉の向こうへ~

少女と答える方もおられれば、老婆と答える方もいることでしょう。
そして、少女と老婆と答える方もいるでしょう。

これは、少女と老婆が描かれている「だまし絵」です。

そういわれて、よ~~く見ると、見えていなかった方が見えてきますね(*^-^*)
だけど、片方を見ようとすると、片方が見えなくなるか、存在感が薄くなりますね。

だけど、そうだと知っているので、
見ようと思えば、どちらも見えてきます。

 

知ると、見えるんです。

 

ということは…

 

 

周りの環境、見た目、素振り、行動、言葉…etc に
真実が観られなくなっていたとしても、
学び、経験し、多くの人と関わり、新しいものの見方や、知識を増やしていくことで、
これまで見えなかったことが、自然に見えるようになったり、
見ようとすれば見えてくるようになってきます。

 

ということです(*^-^*)

 

だから今、何かで悩んでいたり、行動できない自分に、どうしたものか?
となっていたとしても、視点を変えてみようとすれば見えてくるものがあります。

この時、視点を変えるということは、
自分の心や思考から出てくる言葉の数々に、打ち消すことなく耳を傾けることです。

そうすることで、真実が見えてきます(*^-^*)

 

自分ではよくわからないな~~~
という場合は、気軽にご相談くださいね。

コメント書いてくれたら、返信させていただきます。
(*^-^*)

 

感想などコメント欄に書いてもらえると、 嬉しいです(*^-^*)

↓↓↓