今日は、体質改善を進めるにあたって
食事療法はどこから始めたの?
ということで、書いていきます。

私が食事療法を始めたのは、
4月15日の下血に端を発してのこと。

かれこれ…6ヶ月😁

ということで、どんな感じなのかをまとめた記事はこれ。
興味ある人は、読んでみてね。

 

 

▼▼ この記事の内容は、動画でもお伝えしています ▼▼

 

 

上の記事にはアレルギーのことも書いているけど、
アレルギーは横に置いといて…

食事療法で最初に確認されたのは、
腸からのお便りの内容(便の状態)

これは、師匠に確認されました。
師匠はこの人

▼▼▼▼▼

しなやか自分軸研究所 川西未来子

食事療法のコンサルしてもらっています😄
元看護師さんです😃

 

理論をきちんと知りたい方は、師匠の公式ブログへ。
腸関係の記事は、これからアップされると思うので、
今はまだない…

ん~~。
アメブロにあるわ!!

アメブロリンクも貼っておくね。

腸すごいでしょ!?

で話は戻って(*^-^*)
最初に導入したのが

水分

始めやすいからね😁

よく1日2リットルは飲むようにってあるでしょ。

それって本当なのか?
自分に必要な水分量はどのくらいなのか?

ということで、人体実験を兼ねて調査🔍

まず「1日に必要な水分量」とされているのはこちら↓

1日に必要な水分量

体重(kg)×(★)=1日に必要な水分量(ml)
※★は年齢によって数値が変わる
30歳未満:40
30~55歳:35
56歳以上:30

いくらでした?

私の場合、当時は「1645ml」となりました。
ということは、1リットルのペットボトル1本ちょっと。


このペットボトル1本とプラス
このペットボトル半分ちょっと😅

当時の私の反応はというと…

飲めないよ!

です(;^_^A

 

だけど、もう2度と下血はイヤだ!!!
と飲みました😅

そして…

今では、難なく飲めます😉

だけど、意識しないと飲む量が減ることもあります。
するとてきめんに腸からのお便りに、変化が現れます。

それだけでも、腸ってすげー!って思うんだよねーー😆

 

なので、最初は

水を飲むようにする

から始まったんです。

 

で次の流れに続いていくのですが、
先に挙げた

自分に必要な水分量はどのくらいなのか?
それって本当なのか?

なのですが、私の場合「1645ml」ではなかったようです。
数日間、記録をつけながら続けた結果、

2500ml

ぐらい摂取したほうが、快適です😁

1リットルペットボトル2本とちょっと分です。
ですが、こうした方が
腸からのお便りも、体調も快適なんですよねー💞

 

そして、これって

  • 食べたもの
  • 運動量
  • 睡眠
  • ストレス状態

などによって変化します。

だから、情報としてある「数値」はあくまで、参考や基準として、
自分の体にちょうど良い量を聞いていくのがベスト!
だと経験して感じています。

そして
1つを見るんじゃなくて、全体を見て対策をとる。
というのが良いですね😀

ということで、今日から
腸からのお便り観察を!!

腸の調子が良い場合の、お便りはこんな感じ(理想のウンチ)

  • 1日1回
  • バナナ2本分
  • 程よい柔らかさ
  • 黄色から黄褐色
  • イヤな臭いはない
  • お腹もスッキリ
  • 水洗トイレの水に浮く

私の場合、当初は

  • 2~4日に1回程度
  • 半年に1回くらい急性下痢
  • 過敏性腸症候群のような症状もあり
  • くちゃい匂い
  • 水にはたまーに浮く

でした😃

 

この水分補給+食事療法+食べ方+運動+睡眠+ストレス対策
などをこの5ヶ月続けてきて結果が、先にも紹介したこちらです。

流行りの健康法も良いのですが、
一部に偏っている場合もあります。
あなたに合わない場合もあります。

  1. 自分に合う方法を知る
  2. バランスを見る
  3. 全体を見る
  4. いろんなアプローチ法があると知る

ということが重要です。

 

あなたに必要な水分量を知って、
どんな風に感じましたか?

そして、これから
どうしていこうと思いますか?