今日は「矛盾」についてお伝えしますね。

なぜ、「矛盾」について語ろうかと思ったか?
というと、矛盾があることに振り回されて、今を見ることを難しくし、次へのステップへ進むことができなくなっているのでは?

と感じたから。

 

というのも、悩み相談などを聞いていた時、以前の私自身が「矛盾」が葛藤となって、足止めされていた過去を思い出したから。
矛盾に苦しんでる時って、本当の部分を見ることを難しくもしてしまうんですよね。

だけどね「矛盾」って普通にあるし、当たり前なんだよね。
ってお話をすることで、今思い悩んでいることが、一歩前進すればいいなぁと、記事を書き進めます(*^^*)

 

 

動画でも解説してみました。

 

 

矛盾を感じる時ってどんな時?

では、矛盾を感じるときってどんな時か?

  • 判断するのはダメという判断
  • 悪口はダメという悪口
  • 戦争はダメだという争い
  • 自立しなさい!と言いながらの仕送り
  • たまには料理しなさいと言いながら、毎日料理する母
  • 逃げ出したいと言いながら、逃げない自分
  • 甘えてはダメ!と言いながら、人の拠り所となろうとする自分

…etc

だったりします。

 

 

この「矛盾」っていう漢字を見てもそうなんですか、矛と盾ですよね。

矛は攻撃するもの。
そして、盾は守るものです。

このように一見相反するものが、矛盾なんです。

 

そして私自身も先に話したように、過去に「矛盾」を感じてる時がありました。
自分の子供に対して「自分を傷つけたらダメ」と言いながら、子どもと向き合ってたんです。
だけどね、その向き合ってる姿を改めて自分で客観的に見た時、一番自分を傷つけてるのは自分だなって感じたことがあったんですよ。

そんな風に感じた時、私が自分を傷つけているのだから、私の言葉って何の説得力もないなぁって感じたんです。

そんなふうに言ってることと、やってることが違うってことは、当たり前にあるんですよね。
だけど、それが自分を苦しめるキッカケになることもあるんですよね。

こんな矛盾する言葉は、どんな条件下で起こるのだろう?

矛盾が起きる時。
例えば

  • 相手によって
  • 状況によって
  • 優先順位によって
  • 立場に寄って
  • 見る位置によって
  • 表現する内容や時や場所によって
  • 見ている部分によって

…etc

といった場面。

まだ他にもいろんな場面で矛盾が起きると思うんですよ。
あなたは、どんな場面が思い浮かびますか?

矛盾があって当たり前ということを知りましょう

自分にある矛盾に苦しむ時は、矛盾があって当たり前だってことを思い出した方がいいです。
自分の中にある矛盾を許す方がいいです。

そうした方が、客観的な視点で物事を見ることができるようになります。

 

どうしたら、許せるの?
というと、「そーなんだ」って見ること。

 

そうすると、その時の今の自分ってものが見えてきます。
そして、じゃあどうするんだ?っていうところを、具体的に見ていくことができます。

 

葛藤が起こる時、それぞれを見てるようで実は、ミクロ視点で片方ずつ見てて、全体が見えてない。
そんなイメージなんです。

だけどね離れることで、見えてくるんです。
近くでそればっかり見てると見えなくなる。
そこに矛盾っていうのが生じてくるんですよ。

 

わかりやすい例でいうと、先程の矛と盾の話で行くと、どちらも「守るため」にあるんですよね。
矛が攻撃する物に見えていたとしても…。
「守るため」という共通する目的があります。

 

正論にも矛盾が見えてきます。
命を殺めることは、非道徳的で、あってはならないことだという正論。
しかし、命を食べる私達からしたら、矛盾でしか無いんですよね。

 

そんな感じで、世の中には矛盾がたくさんあるんです。
そして、それが当たり前なんです。

 

先に書いたとおり、

  • 相手によって
  • 状況によって
  • 優先順位によって
  • 立場に寄って
  • 見る位置によって
  • 表現する内容や時や場所によって
  • 見ている部分によって

…etc

によって、変わってくるからです。

 

先に話した私の子どもへの対応で生まれた矛盾からの葛藤も、
子どもに対して、自分を大切にしてって言いながら、自分自身が自分を大切にしてないなって感じた時って、それって本当なのかな?
っていうことなんですよ。

片方ずつを見て、混乱してるんですよね。

だけどヨクヨク見ていくと、そうじゃないってことにも気づきます。
そこにある共通の目的であったりとか、本来の目的っていうのが見えてくるんです。

するとね、次の一歩を進むことができるようになってきます。

 

矛盾を許して距離を置いて離れてみることで、今を、そして本来の目的を見ることができるようになってきます。
ですからあなたがもし、矛盾に苦しんで今の悩みがグルグル回るのだとしたら、一度矛盾があってもいいんだと、自分に教えてあげてください。

 

そして一旦距離を置いて、眺めてみる。
ということをしてみてください。

そして何が問題だったんだろう?
そもそもの問題は何だったんだろう?

ということを再確認して、じゃあ私は本当はどうしたかったんだろう?
どうしたいんだろう?
と見直してみてください。

矛盾があったら、離れて俯瞰して見てみる。
ということに、一度チャレンジしてみて!
というお話でした(*^^*)

 

感想や質問をはこの記事のコメント欄。
もそくはLINEから送ってくださいね!!

★★ お返事 POST ★★
質問や感想、お手紙へのお返事は、LINEで気軽にしてください。
▽スマホの方はこちらから♪

▽PCの方は、スマホを取り出し、QRコード読み取りで♪