私はWEBデザイナーの仕事と、コーチングの仕事を掛け持ちでしています。
そんな中、先日WEBデザイナーとしての仕事をしていて気づいたことがありました。

苦手意識が問題解決の本質を見えなくする!

ということ。

苦手意識が暗雲を立ち込め、視界を曇らせる

先日修正依頼を受けたお仕事。
かなりプログラムを入れ込んでいるサイトなので、ソースを見て「なんだこりゃ??」という感じ(^_^;)

修正にかなり時間を要しました。
あ、ソースというのはこういうやつです↓↓↓

↑これはHTML部分がほぼなんだけど、プラスアルファでプログラムがいろいろ書かれていましたが社外秘なので一部のみ

HTMLやCSSはわかっても、プログラムはよくわからないんです(^_^;)
CSSも最近ではすっかり高度になっているので、そこも若干苦手だったりします(^_^;)
しかし、ここについては「やってやれないことはない!」という範囲。

 

修正にあたって

1.私の知識で修正できる可能性(95%)
2.私の知識では修正できない可能性(5%)

そんな雰囲気。

 

結果的に私の知識で修正はできたんです。
しかし、かなり時間を使いました(^_^;)

 

これは苦手意識が目の前に暗雲を立ち込め視界を曇らせ、本質を見えなくしていた。
からなんですね。

要はプログラム箇所ばかりが気になって(^_^;)
プログラムが怪しいんじゃ?
プログラムが悪さしているから、思うように修正ができないんじゃ?

なんて思わせる・・ということ(^_^;)
しかし、最終的にはスンナリ問題解決(^_^;)

 

今回WEB制作の修正の話で説明をしているけど、この苦手意識は
目の前の出来事への心の反応・・・

・イヤだ!

・こんなのありえない!

・なぜこうなるの!?

・先行きが見えない!どうしよう!

なんて時にも、それは同じだ!
と気づいたんです。

 

「心の反応」が「苦手意識」と重なるって。
心の反応が気になっていると、先に進めないんですよね。

ずっとそこにこだわっているから。

こだわるのをやめれば良い!
と言われても、一旦気になると、そう簡単にはやめられないのが人の常(^_^;)

 

今回私はプログラムを疑いこだわっていることで、なかなか解決に至らず。
これでは先に進めないぞ!となり、
そこでやったのは、関連しそうなプログラム部分をすべて外しても同じ現象が起こるのか?

でした。

これで確認すると、プログラム部分を外しても同じ現象が起こったので、プログラムが関係している可能性はかなり少ない。
ということは、CSSをよく観たほうが早いな。
そしてCSSをよく観た所、すぐ解決したんです。

 

要するに何をしたかと言うと「苦手意識」が発動する「苦手」を外し、確認し対応した。
ということなんですよね。

で、これを問題解決や目標達成の視点で見ると・・・

メルマガ会員登録はこちら→